留学で英語を上達させて帰ってきた人たちがやっていた共通点!話せるようなるポイント!

英語上達させた人たちがみんなやっていた努力の方法 English

留学を1年乗り越えて帰ってくると、その1年間で積み重ねた努力がはっきりと結果になって見えてきます

筆者は留学後、留学をした結果「英語力をぐんと伸ばして帰ってきている人たち」と、「英語力の上達はあまり見られない人たち」に分かれていることに気づきました。

1年の過ごし方は、1年後にはっきりと現れていたことに驚きました。

彼らは一体何をしたから英語力を伸ばすことができたのでしょうか?英語力を伸ばした人とそうでない人は、一体何が違ったのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ!
  • 留学で英語力を伸ばしたい人
  • 英語力を伸ばすために何をすれば良いか分からない人
  • 英語が話せないまま帰国したくない人
  • 英語が話せるようになる方法を知りたい人

この記事では、留学で英語力をしっかりと伸ばした人たちが行っていた、「共通の努力」をお伝えします。

英語を上達させた人がした行動:100パーセント英語の環境にする

英語力を伸ばした人たちは、日本語に逃げられない環境づくりに励んでいました。

筆者自身も驚いたことだったのですが、留学を終えて「英語力を伸ばして帰ってきたメンバー」が口を揃えて言っていたのが、「日本人とも英語を話すルールを決めていた」ということです。

英語だけの環境になるように自ら行動をしていた人たちは、結果を出して帰って来る人がほとんどでした。

数十人の日本人が同じ学校に通っているメンバーは苦労しながらも、この独自ルールを徹底させていたようです。当時は全員高校生だったので、「〇〇ちゃんがAll English!と言ってきて暑苦しかった」と言っているメンバーもいましたが、最終的にしっかりと英語を伸ばしていたのは英語の徹底をしていた子でした。このような環境で英語を徹底できた友人たちは、すごいなと感心しています。

日本語と英語では文法が全く違うため、頭が混乱しやすく、常にスイッチを切り替えておく必要がある、ということですね。

本当に英語を話せるようになりたいのであれば、常に英語脳にしておくのが効率的だということが証明されたように思います。

【参考記事】1年留学に行ったら英語力が伸びるの?結果を報告します

英語を上達させた人がした行動:できる限りネイティブの人と話す

英語がまるっきり初心者だった頃は、どこ出身の人であっても英語が自分より話せるから勉強になっていたとは思いますが、一番の近道はやはり、ネイティブとの会話だと思います。

現在それなりに英語が力になってから非ネイティブの英語を聞くと、文法の間違いのみでなく、発音の間違いもよく耳にして気づくことがあります。

これは間違った英語を勉強してしまうことに繋がり、遠回りになってしまうことがあるので、機会があるならネイティブと話しましょう。(とは言え英語を話す機会があることが一番重要なので、非ネイティブでも参考になる方はたくさんいます。敬遠しろというわけではありません。)

さらに、ネイティブと話しているときには「言い回し方」の学べる幅が大きいと実感しました。

出来るだけホストファミリーと仲良くしよう!

英語をがっつり上達させてきた人たちは、ホストファミリーとの関係が良好で、よくコミュニケーションを取っていた傾向があります。

筆者の場合、学校の授業は英語のネイティブ向けでついていけなかったので、キャッチした英単語を家に持ち帰りホストブラザーに質問をしまくっていました。笑

調べても意味がいまいちピンとこない単語や言い回しは、例文を作って教えてもらったり、説明をじっくりしてもらいました。英語の説明を英語でしてもらっていたのですが、非常に勉強になりました。

Komugi
Komugi

説明の中でまた新しく知らない単語があれば、その説明もしてもらいましょう!会話に終了がなくなり、良い勉強になりますよ!

お兄ちゃん自身もそれを楽しんでいたように(そう信じています)感じるので、いつも楽しく英語を勉強できました。(そして何よりも感謝しています)

彼の協力なしでは英語力は伸びなかったと思います。

日本でも、meet up や Hello talkといったアプリで簡単に国際交流ができるようになっています

言語のエクスチェンジができる人や、英語で話してくれる人を探して楽しく語学力を伸ばして行きましょう!

  

英語を話す機会はどこにいても作れますよ!

  

英語を上達させた人がした行動:新しく覚えた単語を実際に使う

触れた英単語を、実際に使ってみることが大切です。つまり、インプット+アウトプットが効果的ということですね!

英語はただの教科ではなく、実際に使われている言語です。覚えたことは使ってみると、身につきやすいです。

Komugi
Komugi

普段から英語の勉強に力を入れていれば、どこかで覚えた単語が勝手にすらっと口から出てくることがありますよ!その瞬間が、楽しい!

電子辞書を持ち歩く!疑問はその場で解決!

筆者は常に電子辞書を持ち歩き、わからない単語があればその場で解決するようにしていました。

そこでじっくり調べることができない場合は、一旦単語だけ調べて閉じておけば、あとで履歴をみて調べることができます。

この履歴は後々、自分の手で単語帳にまとめておくと、その単語が使われた時の情景と一致させて覚えやすいのでおすすめです。

現在はネットで単語を調べられる時代ですが、電子辞書とは情報量が違います。また、全く的確ではない答えが出てくることも多いです。

単語の利用方法まで一緒に提示してくれる電子辞書は本当に便利なので、本気で英語を勉強したい方には必須だと思っています。

電子辞書への熱い思いは、別記事にまとめています。

【参考記事】オススメの電子辞書の紹介します。電子辞書の良さをアツく語りました。

使ってみれば、良さがわかります。断言します。

  

こうやって地道に努力して頭に入れた単語は、お風呂に入っているときに自分に英語で語りかけたり、独り言を英語にしたり、ペットに英語で語りかけるときに使ってみてください。

語学の勉強に恥を感じてはいけませんよ!

  

英語を上達させた人がした行動:ドラマや映画のキャラクターのセリフを真似する

これは主に、日本に帰ってきてから英語のスピーキングをキープするために個人的にやっていたことなのですが、実は他にも同じことをしている人がいて驚きました。

本気で英語力を伸ばしたい人は、様々な方法に惜しみなく挑戦して、必死に英語を伸ばす努力をしているのを実感しました。

シャドーイングとも似ていますが、筆者は一度聞いたセリフを一度止めて、同じように言ってみてから、役者にかぶせてセリフを発する、という方法でドラマを利用しました。

【参考記事】スピーキング力を上げる方法を紹介します!伸ばしたスピーキング力をキープすることもできますよ

  

これをすることによって口の動きの練習をすることができます。「文章を一気にすらすらと言えない!つっかえてしまう!」という人にも効果的です。

「英語を話す」ということに慣れて行きましょう。

筆者は個人的にgleeというドラマにハマっていたので、登場人物の1人であるレイチェルの言葉をよく真似していました。英語の有名な曲も一緒に学ぶことができるので新しく知ることが多かったです。

みなさんもご自身の好きなドラマなどを選んで練習をすれば、楽しく上手になることができると思います。

【参考記事】海外ドラマを使って英語の発音練習をしよう!観ているだけでは意味はない?正しく発音矯正する方法を解説しました

英語の発音を良くする方法!海外ドラマで簡単に楽しく発音矯正できるよ
筆者のYouTubeチャンネルでもやり方を解説しています!

英語は行動したら伸びる!

最後に今回のポイントをまとめます。

★英語力を伸ばした人の共通点★

✔️ 100英語の環境に身を置いた

✔️ できる限りネイティブの人と話す

✔️ 新しく覚えた単語を実際に使う

✔️ ドラマや映画のキャラクターのセリフを真似する

以上4点が英語を上達させてきた人たちに共通していたことでした。

最後に、何よりも大切なことを1つ。

とにかく「行動をする」ことです。

「どんな方法が一番良いのだろう」「自分にとってどの方法が一番良いんだろう」「何からすれば良いんだろう」と悩んでしまうこともあるかもしれません。でも、まずは1つ始めてみて、それを続けることが重要です。始めて継続をしなければ、上達することはありません。

まずは行動してみましょう!

このブログでは他にも英語に取り掛かる方法をご紹介しています。

一緒に頑張って行きましょう^^

  

オススメ記事

  

タイトルとURLをコピーしました