オーストラリアのSIMカード会社のおすすめはALDI!ワーホリ中携帯はどうするべき?解約金を払って乗り換えても安いので紹介

Australia

オーストラリアにワーホリをした際、圧倒的に安くて通信速度の速いSIMカードに出会うことができたのでご紹介していきます。

長期滞在をするワーキングホリデーや留学生、永住者の方の場合、「携帯にインターネットが欲しいけどどうすれば良いんだろう?」という悩みは通過点になると思います。

今回ご紹介するSIMカードは、筆者がオーストラリアに行くときに現地にいるオーストラリア人の友人がごり押ししてくれたSIMカードです

結論から言うと、「ALDI」から出ているSIMカードになります。

おすすめする理由

  • 1ヶ月にかかる費用が30ドル以下
  • 通信速度がオーストラリアで1番速い会社利用
  • 友人の使う他通信会社と比べても電波が圧倒的に良い
  • 30日ごとに払うプリペイドだから初期費用の負担が少ない

それでは、筆者が絶対的にお勧めするALDIというSIMカードについて説明します。

  

オーストラリアのおすすめSIMカードはALDI:現地についたらすぐに使える!

オーストラリアのおすすめSIMカードはaldi
実際にはこんな感じで売っています。

  

ALDIのSIMカードは、ALDIというスーパーマーケットで購入することができます。

オンラインでも購入は可能ですが、携帯をすぐに使えるようにしたい方はスーパーで買うのが一番手っ取り早いと思います。

初期の登録も数分あれば終わります

筆者の行ったメルボルンCBD内のALDIではレジ横に置いてありました。

  

最初にスーパーでこちらのSIMカードを5ドルで買うことになります。

ちなみにこの5ドル分の容量は、後々使うことができるので実質無駄がありません。

  

  

ALDIのSIMカードは楽々プリペイド式で契約不必要

オーストラリアでOPTUSよりおすすめのSIMカード

ワーホリは1年使えるビザだから携帯もそれに合わせて1年契約!

と思いがちかもしれませんね。

最近では日本でも大手の会社さん意外に格安SIMカードが流行ってきたところですが、まだまだ年間レベルの契約が一般的です。

  

とは言えここはオーストラリア!

しっかり気楽に使えるプリペイドのSIMカードが流通しています。

ALDIもそんなプリペイド式のSIMカードです。

プリペイド式とは、自分にあったプランを事前に選んでお金を払っておくと、買った分だけの容量を決められた日数内で使うことができるものです。

1ヶ月分の通信料を事前に払っておけば使い続けることができますし、逆に支払いを辞めれば通信が使えなくなるだけなので特に解約手続きなどもいりません。

予定外に日本に帰国をしなくてはいけなくなった際にも、「1年の契約を休めないからお金が無駄になってしまう・・・」ということもないですし、値段も契約が必要なSIMカードより断然安いんです。

好きなときに始めて、1ヶ月単位でプリペイドをし続けるか決めることができるのは、とても便利です。

  

ALDIのSIMカードはオーストラリア人も勧める安さ

ALDIのSIMカードはオーストラリア人がおすすめの安さ

こちらのSIMカードの存在を知ったのは、オーストラリアに住んでいるネイティブの方のオススメです。

以前筆者のご紹介した、言語を学べるサイト【italki】で筆者の日本語レッスンを取ってくれた生徒さん達です。

【関連記事】未経験無資格でもオンラインで日本語の先生になれる【italki】ってどんなサイト?先生になって稼ぎ始める方法を解説しました

現地の人が自分たちも使っているものをお勧めしてくれたんだから間違いないかなと。笑

筆者個人でも簡単にリサーチをしましたが、これは素晴らしいSIMカードだと判断しました。

  

オーストラリアのおすすめsimカードaldiの価格表
価格表

こちらが気になる価格表です。

筆者が使っているのはLパックの1ヶ月(30日)18G Bで25ドルプラン。

(※2019年9月追記時点です。写真は同年2月に撮った写真ですが、この頃は25ドルで9GBでした。半年で急に安くなったようです。最新の情報はご自身で公式サイトから値段の確認をされることをおすすめします。)

もちろん電話番号も取得できます。

リミットなしでいくら電話しても値段が変わりません。

また、日本は無料国際電話のできる国に含まれていますので、緊急のときには日本の電話番号に直接電話をつなげることができます。

今の時代はLINEなどのアプリで電話をすることがほとんどだと思うので、あまり必要性は感じませんが、ないよりも良いかと。笑 ( ちなみにLINE電話はインターネット接続さえあれば通話料はかかりません。携帯番号を使った通話とアプリ等を通してインターネット接続を使った通話は別物です。インターネット接続のギガバイト数が気になる方はWiFiに接続しているときに電話しましょう。)

  

  

オーストラリアの格安SIMカードALDIは余った要領は繰り越せる!

オーストラリアの格安SIMカードALDIは使った容量を繰り越せる!
2019年2月時点です

筆者は使っている間に気づいたのですが、容量の繰越しができます。(普通に書いてありました。笑)

使わなかった容量は次の月にプリペイドをし続けると、買った容量にプラスして使い続けることができます。

※以前買ったパックと同じ値段、あるいはそれ以上のものを買わないと繰越しはできません。前回買った分より安いパックを買って繰越しをプラスすることはできないので注意してください。

  

1ヶ月(30日)がたつと自動的に契約が切れるので、SIMカードは機能を停止します。

残りが1日になったら夜にリチャージするのが良いと思います。

筆者はリチャージを忘れて次の日に携帯のインターネット接続ができなくなりました。(見つけた公共のWi-Fiでアプリに接続してリチャージしたら無事復活したので良かったです・・・)

  

  

ALDIはアプリで簡単管理!

ALDIはアプリで簡単に管理が可能

残りの日数、残りの容量、リチャージなど、基本的に必要になることは全てアプリで管理できます。

一度選んだプランを次の月からも継続しないといけないということもないので、改めて自分にあっているプランを選び直すこともできます。

  

電話番号を最初にゲットする際に、アプリに繋ぎます。

アプリからは、使える残りの日数や、残りのギガバイト数を確認することができるので、管理がかなり簡単になります。

リチャージの際に会社に電話をしたりする必要も、もちろんありません!

  

オーストラリアのALDIのSIMカード:使い方

オーストラリアの格安SIMカードの使い方
こんな感じの小さい説明書がついています。

SIMカードを買ったあとに使えるようにするまでの手順をざっと説明します。

といってもパッケージに書いてある通りで、特に難しくありません。

まずはSIMカードを携帯に入れてください。

※日本で買ったiphoneをお持ちの方は事前に日本でSIMフリー対策をしないと別会社のSIMカードが使えない場合があります。もう遅い・・・オーストラリア来ちゃった・・・という方は、残念ですが現地で携帯を購入される必要があるかもしれません。メルボルンだとCBD内にいくつかあるHi-Five等で比較的安く手に入るようです。

  

オーストラリアの格安SIMカードの裏面
これがパッケージの裏側です。

パッケージの裏側に、SIMカードを買ったあとに何をすればいいのかが簡単に書いてあります。

Wi-Fiのある環境が必要になります。

www.aldimobile.com.au に接続します。(クリックすると当公式サイトに飛びます。)

Activate(有効にする)というボタンをクリックします。

質問事項を適当に入力します。

もともと使っていた携帯番号を再利用することができるのですが、初めてオーストラリアに来る人は新しい番号が必要になると思うので、New mobile number を選択します。

あとは名前やステイ先の住所、メールアドレス、携帯番号は私の場合日本の携帯番号で問題ありませんでした。

必要事項を全て入力して少し待つと、電話番号あてにメールが届きます。

activateされました、というメッセージと一緒に、使える電話番号が送られて来ます。

これで完了です!

  

※別会社で電話番号を使っているけどALDIに乗り換えたい!という方はBring your exsisting mobile number(既に存在している電話番号を使う)を選択して手順通りに進めば問題ないかと思います^^

  

ALDIが使っている通信会社はオーストラリアで1番接続が良い

ALDIの通信会社はオーストラリアで一番接続が速い

こんなに安いのに、電波の接続はかなりよく、早いです。

と言うのも利用しているのが、Telstraという通信会社のインターネットで、オーストラリアで一番通信が早く強いと呼ばれているからです。

電波を比較しても、他の通信会社を使っている友人たちはみんな圏外なのに、筆者の携帯だけ電波が3つ立っていることがしょっちゅうありました。笑

家のWi-Fiが悪いときには自分の電波を使った方が良いなんてこともしばしば。

  

また余談ですが、日本にいるときにはメガモンスターに入らないと足りないほど日頃から携帯を使っていた筆者ですが、

オーストラリアに来てから野外で携帯を使うことが格段に減ったので、18GBでもかなり容量があまります。

街を見るのも楽しいし、健康にも良いので、なるべくトラムを使わずに歩いているからというのもあるかもしれませんが、筆者の住んでいるのがCBDというメルボルンの中心街のため通勤する際や、どこか待ち合わせの場所に行くまでに電車に乗る間に携帯を使うということが格段に減ったからかもしれません。

友達が増えるにつれ野外で携帯を使うことも増えたので、繰り越された容量を合わせて様子を見ながら小さい容量のものを買ったりして、調整して行きたいと思います。

メルボルンには色々とユニークな人がたくさんいます。

携帯ばかり眺めていてはもったいない!

  

日本語で説明してくれる携帯会社は高い!

日本語で説明してくれる携帯会社は高い

日本語で紹介してくれているような会社って、安心して加入しがちだと思います。

でも、ちょっと待ってください!

かなり高い値段のSIMカードかもしれません・・・。

日本語で商品の説明してくれる会社は、日本人向けに割高で紹介されていることが多いようです。

英語というだけで抵抗感を感じてしまうため、必然的に日本語で紹介されているものに手をつけ安い、という場合があるのは確かに否めないのかなと。

そんな弱みを握られて、本来現地の人たちが払っているものの3倍もの額で契約させられるということがあるようです。まさに筆者の友人がそうでした

空港にあるOPTUSという大きい会社で1年契約をしてきたそうです。そもそも携帯のSIMカードに契約は必須ではありません。その友人がいくら払っていたかは的確には覚えていませんが、私がこちらで紹介するALDIのSIMカードで計算すると毎月3倍の額は払っていました。

  

先述したように、ALDIのSIMカードはスーパーマーケットで野菜を買うのと同じ要領で気軽に購入することができます。

初期設定こそ英語ですが、この記事でご紹介した通りに進めば難しいことはないはずです。(OPTUSで契約をした友人は全く英語ができませんが、自力でALDIに切り替えられていました。)

一度設定を終わらせてしまえば、アプリでボタンを押すだけでチャージをしていくことができるので、非常に楽です。

  

何かわからないことがあれば、ツイッター@tabi_konnichiwaへダイレクトメールを頂ければ、なるべくはやくにご対応します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

オススメ記事

  

  

タイトルとURLをコピーしました