オーストラリア人が家で使っているフライパンが焦げないからおすすめ!パンケーキ専用も紹介!感想/レビュー

オーストラリアで発見した焦げ付かないフライパン Australia

フライパンは焦げ付いてしまうものだと思っている方、フライパンが良いとかなり気持ちよく料理をすることができる可能性がありますよ^^

現在オーストラリアのオーストラリア人宅に住まわせて頂いている筆者ですが、ここに来てからというものフライパンの質が良くてストレスフリーで料理をさせてもらっています。

今までどんなフライパンを使っても少し油が足りていないと焦げ付いてしまっていたし、洗い物にかなり時間がかかっていました。

フライパンはそういうものなのだ、と思っていたのですが、ここに来てからその常識が覆されたので、その奇跡のフライパンをご紹介させていただこうと思います。

フライパンは消耗品なので、是非新調の際にでも参考にして頂けたら幸いです。

  

CIRCULONのフライパン

まずはCIRCULONのフライパンです。

何度も言いますが、本当に焦げ付かないんです

油が薄くなってしまった部分も、洗うとさらっとすぐに落ちてくれます。

熱の通りもよく、火にかけるとすぐに暖かくなるのも便利です。

重さは今まで使って来たフライパンと比べて特別に軽くも重くもないです。

  

MAYERという会社が出しているフライパンのブランドで、種類も複数用意されています。

IHにも対応しているのでどんなコンロを使っている方にも使って頂けます。

  

【送料無料】マイヤー フライパン 「Circulonオリジンズ」 IHフライパン26cm IH/ガス OR-P26

  

  

BIALETTIのフライパン

  

お次にご紹介したいのがこちらのフライパンです。

深さがあるので多くの量を1度に作りたいときや、簡単に煮詰めたいとき等に役に立ってくれています。

こちらも焦げがつきにくいので驚いています。

筆者は個人的に上記でご紹介したCIRCULONのフライパンの方が気に入ってはいますが、こちらの方がお手頃価格で気軽に購入しやすいのではないでしょうか。

  

  

Classicaのパンケーキ専用のフライパン

   

  

週末の朝はパンケーキを焼いて食べるのが習慣化している筆者ですが、パンケーキ専用のフライパンもあります。

こちらもバターをあまりしかなくても焦げ付かなくて優秀です。

写真でもわかるように、平べったいので綺麗なパンケーキを作ることができます。

パンケーキで優雅な朝を迎えたい、という方はおすすめの1品になります。

  

こちらに関してはオンラインで入手できないようなので、パンケーキをよく食べる国に足を運んだときに入手してみてください。

  

  

日本ではこんなキャラクターが可愛いパンケーキの型付きフライパンが手にはいることを知ったのでリンクを載せておきます^^

筆者も小さい頃母がポケモンの型でパンケーキを作ってくれたのを思い出しほっこりしています・・・。

  

【関連記事】>>お家で簡単にできる国際的なレシピを紹介!

  

  

CIRCULONの鍋

  

最初にご紹介したCIRCULONからは鍋も出ています。

サイズも様々。

カレーやシチューを作るときには大きめのサイズ、一人分のスープを作りたいときやゆで卵を作りたいときには小さいサイズが重宝しています。

  

まぁ正直鍋についてはどこの会社のものを使っても焦げ付かせない限り同じかなと思っていますが、パスタやカレーも焦がしたことのある筆者なのでこの鍋は強い見方になってくれています。

 

マイヤー 片手鍋 「Circulonオリジンズ」 IH片手鍋16cm IH/ガス OR-S16[kn]

   

お気に入りの1品になること間違いなし!

  

今までフライパンをいくつも買い換えて使ってきた筆者でしたが、こんなに感動をしたフライパンは初めてだったのでご紹介させて頂きました。

是非お気に入りの1品を見つけて大切にしてあげてください♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!

>>CIRCULONを出しているMAYER公式サイトはこちら

おすすめの記事
タイトルとURLをコピーしました