【完全攻略】仕事探しで一番効率的な見つけ方!オーストラリア/ワーホリ

ワーホリでベストな仕事探しの方法 Australia

ワーホリで仕事を探してお金を稼ぎたい!稼いだお金で生活していく!という方々が本当に多いオーストラリアに住んで、いくつか仕事をしてきた筆者が驚いたのは、どんな方法で仕事を探すのが一番良いのかを悩んでいる人が多いという事実です。

もしこの記事を読んでくださっているあなたが仕事が見つからなくて不安になっている最中なのであれば、

悩もうとそうでなかろうと、最終的にはなんらかの形でどこからか仕事を見つけてきて仕事に就いている人しか見たことがないので(筆者は)まずは安心して良いと思いますよ^^

英語が全く話せなかった友人も、今月仕事が見つからなかったら日本に帰るしかない!と言いつつ、もうそろそろオーストラリアに来てから1年が経とうとしているので、英語力がなくても仕事は見つかることが証明されています。

  

もしも日本で美容師さんやマッサージ師さんなど手に技術がある仕事をしてきた方なのであれば、オーストラリアでもあまり困ることなくスムーズに仕事が見つかっていると思うので、この記事を読んではいないと思います。

ということで今回は、仕事が見つからない・・・!という方や、これからどうやって仕事を探して行くのが良いのか悩んでいる方に向けて、仕事の効率的な探し方を噛み砕いて紹介していきます。

興味のある方は読み進めていって頂ければと思います。

  

1番効率的な仕事の探し方

  

こちらの記事でご紹介している方法を全て試してみてください♪

【参考記事】ワーホリで仕事探しをする方法を徹底的に紹介!私がローカルジョブでバリスタと化粧品販売員になった方法も説明してます

  

というだけだとかなり不親切なので、もちろん、この結論をはっきりと表明できる裏付けの理由についてご説明させていただきます!

  

一番良い方法なんてない

  

仕事探しに一番重要なのは、運です。

つまり、たまたま自分の探した方法で求人をしている相手がいて、自分がそこで求められている存在だったら採用される、ということです。

  

どういうことかと言うと、探す方法の種類が多ければ多いほど、雇ってもらえる相手と出会える確率が高い、ということです。

出会い系のアプリと同じことです。

世の中ではTinderで出会って付き合ったカップルが多いと言えど、マッチングドットコムを通して付き合ったカップルもいて、Tinderもやっていたけどマッチングドットコムで相手と出会うことになった人がいる、という運です。

数打ちゃ当たる、というわけではありませんが、自分が探す媒体も、相手に探してもらえる媒体も多い方が確率は必然的に高いです。

  

筆者の場合、経験上一番仕事探しに効率的だったと思う方法を1つに絞れ、と言われたらレジュメ配りであると答えます。

しかし、雇ってもらったものの中にはレジュメ配り以外の方法で採用になった仕事もたくさんあります。

なので、もしもあなたが本当に本当に本当に面倒臭がりで、1つの方法でしか仕事を探したくない!というのであれば、筆者が個人的におすすめするのはレジュメ配りです。

  

どうやって仕事に就いたのか具体的に紹介

  

それではこの主張を裏付ける具体的な理由として、今まで実際に筆者がどんな方法で仕事を見つけて来たのかをサクサクご紹介していきます。

今からご紹介する仕事は、全て違う方法で見つけました。

  

オーストラリアで初仕事のカフェ

    

レジュメ配りをした結果、1週間後にトライアルの連絡がきて受かりました。

他にもトライアルを受けていた人がいたそうですが、そこで働いていた人たちが私を気に入ってくれたようで雇ってもらうことができたそうです。

オーストラリアでは基本的に、本採用の前に本当に仕事ができる器なのかを試されるトライアルを受けることになります。

ニコニコハキハキを心がけてトライアルに臨むと良いでしょう!

  

メキシカンレストラン

  

Gumtree(オーストラリアで有名な、なんでもサイト)で自己広告を貼っていたら、レストランのオーナーから連絡が来ました。

自己広告というのは、自分はこんな条件のこんな人間で、こういう仕事(住まいも可)を探しています、という広告を1つだけ無料で打てる機能です。

使えるものは使っていきましょう!

  

化粧品会社の販売員

    

会社の公式ホームページから求人をしている店舗に応募をしました。

必須項目はもう覚えていませんが、確か

なぜその役職を希望するのか理由と、経験の有無と活躍したときの武勇伝、今までどんな失敗をどうやってカバーしてきたのか、自分が働くことによってどんなメリットが会社に与えられるのか、など日本の就職採用時でもよくある質問と、自分のレジュメの添付でした。

書類選考が通過したあとはグループ面接、そのあとトライアルに呼ばれて実際に仕事を2時間して、採用という3段階でした。

  

フライヤー

  

友人がビジネスオーナーを紹介してくれました。

家にビラを配って歩く仕事です。

給料は決まっていたので、運よく配りやすい地域にあたると、早く終わって給料換算的にも回収率がよくなる仕組みでした。

もともと友人がしていた仕事で、筆者にも紹介してくれた形です。

  

賃貸物件仲介

  

知り合いが仕事を与えてくれた、という形です。

筆者の住んでいたシェアフラットのオーナーに仕事がないかどうか直接交渉した結果、賃貸物件を紹介すれば給料をもらうことができるという歩合制の仕事をもらいました。

部屋の案内、入居、入居期間によって給料が振り分けられていました。

お金持ちは仕事をつくるのもうまいので、交渉してみると何か見つかるかもしれませんよ。

  

満遍なく色々な方法で仕事が入ってきたのかがお分かり頂けたかと思います。(他にもいくつか仕事をしてきましたが、方法が被っているものは省かせて頂いております。)

  

  

効率的に仕事を探したいならこの流れ

  

それでは最後に、仕事探しを効率的に進めるための超単純で当たり前な方法をまとめます。

  

★仕事探しの効率的な進め方★

レジュメを作る

GumTreeで自己広告を貼る

晴れの日はとにかくレジュメを直接配りに出る

雨の日は室内に引きこもって求人サイトで仕事を探す

友達にそれとなく仕事を紹介してもらえないか聞く

求人している大手企業には駄目元でいいから応募してみる

  

これで完璧です。お疲れ様でした!

オーストラリアでの仕事探しはときにけわしく感じられますし、気分が落ちたり自信を損失してしまうこともあるかもしれませんが、大丈夫、根気強く続ければ仕事はみつかります。

それでは、健闘を祈ります!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  

オススメ記事

タイトルとURLをコピーしました