ブリスベンからモートン島への行き方と紹介!透明な水の綺麗なビーチでリゾートを楽しみたいならおすすめの観光地!

モートンアイランドレビュー Australia

ついに、オーストラリア人からずっとおすすめされていたモートン島( Moreton island )に、ブリスベンから行ってきました!

先日予想外の展開(単純な調査不足によるミス)により、モートン島までたどり着くことができず、クーチーアイランドに辿り着いたというお話はYouTubeにてご紹介しました。

  

クーチーアイランドに辿り着いたvlog!アクシデント発生?ブリスベン旅行編!【日本語字幕/English Subtitle】
クーチーアイランドのご紹介はこちらの動画でどうぞ!

  

今回はしっかりと事前に準備をして、たどり着くことができました!

モートン島はとっても綺麗なリゾート地だったので、写真をのせてご紹介します!

  

ブリスベンからモートン島への行き方

  

モートン島への行き方はたった一つ!フェリーに乗ることです!

こちらは24時間以上前に予約しておく必要があります。

筆者の場合ギリギリ24時間を切ってしまっていたので焦って電話をしたら、電話口で予約をさせてくれました。

  

Tangalooma island resortというサイトでフェリーの予約ができます。

  

>>Tangalooma island resort の公式ページ

  

  • フェリーの料金

大人が84ドル、子供が46ドル(0~2歳は無料)

  

なかなかの値段ではありますが、これしか方法がないとなれば選択肢はありません。

  

筆者は日帰りツアーのBeach Day Cruise に申し込みました。

こちらを予約すると、行きのフェリー(あるいは帰りのフェリー)でソフトドリンクを1つもらうことができます。

また、島で20ドルまでのランチとの引き換え券になるチケットが付いてきて、84ドルです。

  

他のツアーは宿泊用のツアーになります。

フェリーは片道2時間程度かかりました。

  

フェリーの時間はツアーによって決まっているので、各自ご確認ください。

筆者の場合は朝7時か10時発、帰りはモートン島午後4時発のみでした。

Tangalooma island resort Ferry Terminalからフェリーに乗ることになります。

筆者は朝7時発にしたのですが、早すぎて電車やバスが通っていなかったのでUberを使ってフェリー乗り場へ行きました。

ブリスベンのシティーからフェリー場までは、車で片道30分程度を見込んで行きました。実際朝は道が空いていて20分程度でついてしまった上に、チケットを配布し始めるのが7時で、乗降は7時を回っていたので結局結構待ちましたが。笑

余裕を持って行くことに問題はないですし、所要時間も道の混み具合にもよるので余裕を持って行きましょう。

  

  

モートン島でできるアクティビティー

  

  • シュノーケリング
  • サンドスライダー
  • パラセーリング
  • マッサージ
  • クオッドの運転(ゴーカートの大きいバージョン)
  • ヘリコプターライド
  • クジラウィッチング
  • イルカに餌やり

  

等のアクティビティーが楽しむことができます。どのアクティビティーも追加料金がかかりました。

Komugi

筆者は今回、59ドルでシュノーケリングを選びました。

どれも50〜70ドル前後で楽しむことができます。

  

モートン島の水は透き通ってる!

この水の透き通り具合、 写真でお分かり頂けますでしょうか?

深くなっている部分が緑色になっているのがわかります。

  

  

海独特の塩水の匂いもしません。

静かに聞こえる波の音が、身も心もリラックスさせてくれます。

  

モートン島名物のさらさらの白い砂!

  

砂が白くて、とってもさらさらしているんです!

多数の場所を旅行したことがあるオーストラリア人には、モートン島の砂が世界で一番さらさらしていて綺麗だ、と言われていたのですが

納得の美しさです。

    

サラサラしていて、砂山を登るのは一苦労でした。(詳しくは動画でご確認いただけます。)

肌触りがよく、砂の中に足や腕をくぐらせるのが気持ちよかったです。

  

モートン島のお食事処

  

カフェは朝の7時半頃から開き始めます。

レストランはランチタイムから開くところがほとんどでした。

  

  

筆者はカフェからコーヒーとケーキをテイクアウトし、ビーチで食べました。

波の音を聞きながらゆったりとした時間が過ごせるのでオススメです。

いうまでもありませんが、ゴミはしっかりゴミ箱に捨てましょう!

  

パスタとハンバーガーを頼みました

  

ランチはツアーに含まれている20ドル分のチケットを使って食べることができました。

20ドルよりも安いものを買う場合はお釣りは出ません。高いものを買う場合にはレストランで追加で払えば大丈夫です。

種類は多いとは言えませんが、観光地なのでその辺りは期待をしすぎないように行きましょう。

  

モートン島のお手洗いとシャワー

  

トイレは並んでいる建物に設備されています。数も多いですし、いたるところに見つかりました。

コインロッカーも有料で、トイレ付近に設置されていました。

2ドルコインを2枚挿入して使うものです。

コインがない場合はレセプションの人に頼んでみましょう!

  

シャワーですが、マリンスポーツの集合する場所に1箇所だけ確認ができました。

その他には見当たらず、ほとんどホテル泊の人たちは自分たちの部屋に帰る、といった利用のようでした。

マリンスポーツ集合場所にあるシャワーは1つだけで、交代で使う形になりますが特に混み合ったりはしませんでした。

シャンプーなどはついていませんので、簡単に塩水を落とす程度の試用感です。

日帰りの方は家に帰ってからしっかりシャワーを浴びることをお勧めします。

  

すぐジョーク言っちゃうオージー

  

シュノーケリング中にはサポートをしてくれた若いお兄さんが海に浮いて錆びた船を指差しながら、あれはタイタニックで使われた船だよ!ジョニーデップが来たんだ!なんて言っていたし

帰りにはチケットを持たずに船に向かっていた私たちに向かって、ブリスベンまで泳ごうとしてたんでしょ!?とジョークをかまされました。

  

歩いているだけで行き交う人が目を見てニコッと笑ってくれたし、

突然遠くから話しかけてくるおじさんたちもいました。

小さい子供たちはよく手をふってくれたし、持っているアイスクリームを見せてくれました。

1日を通して、人の温かさを感じることができました。

  

モートン島は満足感のある島!

透き通った綺麗な海に感動し、白くてサラサラな砂で遊び、美味しいコーヒーとキャロットケーキを頬張りながら太陽の日差しを感じ、砂山に登って暴れながらオーシャンブルーの美しさに見とれ、海を泳ぎながらカラフルな魚たちを追い回しました。

現地の人や、同じように旅行をしに来ている人たちとの交流も楽しめて、1日をかなり充実させることができました。

フェリー代も決して安くはないですし、島に着いてもアクティビティーにお金がかかるので安い旅ではないですが、心も体も満たされてとても幸せな気持ちになって帰宅することができました。

お金と時間があれば、島に宿泊をしてもっと充実した旅にすることはできると思いますが、日帰りでも十分に楽しむことができます。

ブリスベンに旅行の際は、是非訪れて見てください^^

  

モートン島vlog!オージーに話しかけられまくるオーストラリア旅行【日字幕/Eng Sub】Morton island

  

こちらに筆者が作ったYouTubeのビデオを貼らせて頂きます!

ブログでお伝えしきれない綺麗な自然をご覧いただけます^^

オススメ記事

  

  

タイトルとURLをコピーしました