Flying noodle!?宙に浮く麺がどうやって飛んでるのか正体暴かないと帰れません!麺を飛ばす方法を紹介します。

Australia

Flying noodleって聞いたことありますか?

その名も、宙に浮く麺です。

こんな感じです。

麺が浮いてるうぅ!!

ブリスベンで先日行われた、ヌードルマーケット(noodle market)にて発見しました。

(実はイートストリートでも見かけた気がするのですが、笑)

ちなみにこれがヌードルマーケット

  

一体全体どうなっちゃってんの!?!?

気になるなら買って確かめてみるしかない!!

  

ということで、どどーん!

  

  

買いましたよ!!

22ドルでした!!高い!!

選んだこの麺の名前はway of the dragonです。

由来が全然わからないってところはおいておいて、早速解体していきますよ!

  

Komugi

どうやって浮いてるのか気になり過ぎて帰れない!

  

それではどうぞ!!

  

  

ジャジャーン!

オチが早くてすみません。

もったいぶるほどネタもなかったのでシンプルにいきます。

麺を支えている正体はフォークでした。

  

Komugi

お前だったのか・・・

  

まぁそんなことだろうとは思ったけど、確かにフォークなら絡ませやすいですね。

結ばれているかのように結構しっかりフォークに巻きついていたので、

巻きつけ方も教えてもらいたいところなのですが・・・

  

でもこのフォークはどうやってそびえ立ってるの・・・?

って方、良い疑問です!

ってことで、もっと中をえぐって見ましたよ!

はい!

  

  

ドッカーン!

なんだこの固くてツヤのある赤い物体はぁ〜!?!?

何かにフォークが突き刺さっているのが確認できました。

  

  

半分になったリンゴ!!!

  

Komugi

ラスボスはお前だったか・・・

  

ということで、

リンゴに突き刺さったフォークが

空飛ぶ麺の正体でした!

  

ちなみに私が選んだ麺は、蜂蜜醤油味の麺に、スロークックドポーク、複数の野菜が盛られていました。

高いけど、それだけ食材を使われているなと感じる晩ごはんになりました。

ちなみに持って歩くだけでかなりたくさんの人にwow! look!と注目を浴びました。笑

  

これならお家でもできそうですよね!

そのうち焼きそばの麺やパスタなどを使って挑戦してみたいと思います。

オススメ記事

  

タイトルとURLをコピーしました